水素水の嘘ホント

水素水の嘘ホント

水素水流行っていますね。

色々なところで色々な噂を聞くのですが

ハッキリしたことは基礎研究中ということもあり、良い情報も悪い情報も飛び交っている状況です。

2016年5月時点での個人的な意見をまとめておきたいと思います(必要があれば情報の更新があり次第追記していきます)


水素水とは

水素水とは、日本分子状水素医学生物学会のWEBサイトによると

http://www.medi-h2.com/

分子状水素を含む水を水素水という。

水素水の濃度について、動物モデルに対しては、飽和の5%[80μg/L(0.08ppm)]、10%[160μg/L(0.16ppm)]でも効果を示す時があることが示されているが

人に対する研究では過飽和または飽和に近い濃度の水素水が主に用いられている。

市販の水素水も技術力が上がり、飽和の50%[800μg/L(0.8ppm)]を超える商品が主流となっている。

とのことです。

例えば伊藤園さんの水素水は

生成時1.6ppm

出荷後0.3~0.8ppm

と表記されています。


水素ガスの効能

主な効果としては抗酸化ストレス、抗炎症、および抗アポトーシス(細胞死)効果によって様々な疾患への効果が期待されています。

日本医科大学の大田成男教授が研究しており、今後医薬品としての承認を目指しているとのことです。

また、現在の水素水の商業的な流れに対しても、研究者としての立場からコメントを出しています。

http://www.nms.ac.jp/ig/biocell/generalnews/general.html

 

水素ガスが人に対して効果が無かったという意見もありますが、臨床試験は既に人でも多く実施されています。

(1) 2型糖尿病(水素水)(人数30)DB
(2) メタボリックシンドローム(水素水)(人数20)
(3) 慢性腎不全(透析)(人数29)
(4) 炎症性またはミトコンドリア性筋症(水素水)(人数31)DB
(5) 放射線治療の副作用軽減(水素水)(人数49)
(6) 関節リウマチ(水素水)(人数20)
(7) 筋肉疲労と血液乳酸(水素水)(人数10)DB
(8) 圧力皮膚潰瘍(人数22)
(9) 間質性膀胱炎(人数30)DB
(10) 脳虚血(腹腔注射)(人数38)
(11) 紫外線による皮膚障害(水素ガス)(人数28)
(12) 脂質代謝異常(水素水)(人数20)
(13) 慢性B型肝炎(水素水)(人数60)DB
(14) パーキンソン病(水素水)(人数17)DB
(15) 関節リウマチ(関節注射)(人数24)DB
(16) 運動による筋障害(サプリメント)(人数36)
(17) 運動による乳酸血症(水素水)(人数52)DB
(18) 静脈流改善(水素水)(人数34)DB
(19) 脂質代謝異常(水素水)(人数68)DB

(参照)

http://shigeo-ohta.com/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

DBは二重盲検法のことで、測定者も患者側もその効果などを知らずに行う実験で

プラセボ等を防ぐ効果があり、データの信頼性が高くなります。

 

上記の臨床試験をまとめた中部大学市原教授の論文は以下で見られます。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4610055/

 

活性酸素はスーパーオキシド、過酸化水素、一重項酸素、ヒドロキシルラジカルの4種類があります。

中でもヒドロキシルラジカル(・OH)は最も反応性が高く、細胞膜やDNA等を損傷させます。

そのヒドロキシルラジカルを水素ガスが除去してくれるかもしれないというのが水素ガスの効能として考えられています。


水素水の効能

水素ガスに効果があるのでは?というところから始まり

その後、水素ガスを注入した「水素水」にも効果があるのではということで各メーカーが販売をしています。

  • 水素自体が水に溶けにくいこと
  • 分子の小ささからペットボトルから抜けてしまうこと
  • キャップの隙間から抜けてしまう
  • 効果が無いかもしれないのにあるかのように表記している

などが問題点として挙げられています。水素を通さないアルミニウム容器の物も増えてきましたね。

水素ガス以上に、水素水には効果があるのかないのか、シビアな判定が必要そうです。


水素水は飲むべきか

結局現状どうしたらいいんでしょうか?という見解。

効果がある可能性があるということと、マイナスの研究は特にないということから

運動や食事やサプリメントに既に投資しており、更に効果を追求する余裕のある人

は摂取してもいいのではないでしょうか?

その際には濃度や容器について信頼性の高いものが勧められます。

 

今後もう少し研究が進めば、摂取するのが当たり前になるかもしれませんね。

個人的にはまだまだ様子見という段階です。

 


 

最後に、弊社ジムの宣伝をさせてください。弊社は渋谷、新宿、池袋、武蔵小杉の4か所でパーソナルトレーニングジムを運営しています。

コンセプトは明確で「一流の指導を通える価格で」というのを売りにしています。

人件費は他社の2倍から4倍かけています。余計なコストを削減しているので、決して広々とした空間やラグジュアリーな内装はありませんが、一流のトレーナーがあなたの目標達成をサポートします。
弊社はそういったコンセプトに共感して集まってくれている腕のいいトレーナーが長く勤めてくれています。

  • 体験レッスンあり
  • 無料カウンセリングあり
  • 返金保証あり
  • 年間5000件以上の実績
  • 2ヶ月‐10キロのダイエット
  • 男性の筋力アップ
  • 長期の健康維持目的
是非私たちにお任せ下さい!

この記事の著者

宮崎 隆一株式会社リーブル代表取締役 MIYAZAKI GYM代表

19歳からジムのアルバイトとしてトレーナー活動をスタートし、大学ボディビル部のコーチ、ジムのパーソナルトレーナーとしての経験を経て会社を設立。
科学的な根拠に基づいた指導をモットーとする。
年間1200件以上の現場での指導実績や、店舗全体での実績やデータを基により効果的で取り組みやすいプログラムを研究している。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る