【質問コーナー】プロテインと下痢の関係について

8abb1d84

質問はTwitterの質問箱で募集しています

 

Q.プロテインを飲むと下痢をしてしまいます。飲むのを止めた方がいいですか?

A.プロテインと下痢でありがちなのは乳糖不耐症です。

牛乳でお腹を下す人はホエイプロテインでも下す可能性があります。

WPC製法は乳糖が残っているので、WPI製法にするか、ソイプロテインに変えてみましょう。

 

プロテインにも様々な種類があり、主なものではホエイ・ソイ・カゼインがあります。

一般的にプロテインの成分で多いのはホエイで、下痢の原因になるのもホエイです。

ホエイはBCAAが多く、筋肉が付きやすいという特徴もあります。

 

ホエイで下痢をする原因は乳糖(ラクトース)です。

 

牛乳で下痢をしてしまうのと同じです。

ホエイは乳糖や乳脂肪を除去してたんぱく質を残しているのですが

それでも通常はまだ多くの乳糖が残ってしまいます。

 

それを防ぐ為には3つの方法があります。

 

  1. WPC製法ではなくWPI製法にする
  2. 消化酵素のラクターゼを摂取する
  3. ソイプロテインに変える

 

1.WPC製法ではなくWPI製法にする

多くのホエイプロテインはWPC製法です。

これはたんぱく質含有量が80%くらいのものです。

 

WPI製法はより純度を高くしていて、乳糖があまり残っていません。

たんぱく質で90%くらいになります。

値段も高くなりますが、下痢をしてしまう人はWPIにすることで改善される場合があります。

WPCの方が免疫力向上の効果があるので、下痢が起きなければWPCでいいように思います。

 

2.消化酵素のラクターゼを摂取する

プロテインを飲む際にラクターゼを摂取する方法もあります。

そもそも人は成長に従ってラクトースを消化するラクターゼが減少していきます。

母乳からの栄養摂取は幼児期のみで、その後は必要ないということでしょうか。

 

北欧などの酪農が盛んな地域ではラクターゼが作られ続けるそうですが、日本人では多くありません。

乳製品で不調がある場合には消化酵素を使うのもいいでしょう。

 

3.ソイプロテインなどに代える

そもそもホエイにこだわる必要もないので、ソイプロテインに代えてしまうのも一つの方法です。

味が合わないわけでなければ、普通にトレーニングをしているくらいの人でしたら問題ないと思います。

吸収が遅いなどの特徴がありますが、ダイエット中などにはソイの方がいい面もあります。

乳糖不耐症の場合は思い切ってソイプロテインにしてもいいですね。

 

ホエイプロテインで乳糖不耐症の症状が出る場合には、以上3つの対策があります。

体づくりに取り組む上で、プロテインを飲まないというのはなかなか難しいと思います。

プロテインが合わないからと言って飲むのを止めず、別の方法を試してみてください。

 

 

最後に弊社のジムの宣伝をさせてください。
良かったら一度ウェブサイトをご覧いただければと思います。


パーソナルトレーニングジムMIYAZAKI GYM プロトレーナーがあなたのボディメイクを成功に導きます

  • 初回無料・体験レッスンあり
  • 余計な広告や内装を削減しコスト削減
  • アルバイト0。少数精鋭のプロトレーナーのみ
  • 年間4000件以上の指導実績
  • 返金保障あり
渋谷・新宿・池袋・武蔵小杉の4か所でボディメイクを専門としたパーソナルトレーニングジムを運営しています。

決して豪華で広い施設ではありませんが、その分はしっかりと身体作りを実現できる設備とトレーナーに力を入れ

1人1人のお客様の目標達成に向けて指導しています。



  私達にお任せ下さい
  153.214.138.174 (1)

この記事の著者

宮崎 隆一株式会社リーブル代表取締役 MIYAZAKI GYM代表

19歳からジムのアルバイトとしてトレーナー活動をスタートし、大学ボディビル部のコーチ、ジムのパーソナルトレーナーとしての経験を経て会社を設立。
科学的な根拠に基づいた指導をモットーとする。
年間1200件以上の現場での指導実績や、店舗全体での実績やデータを基により効果的で取り組みやすいプログラムを研究している。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る