ポケモンGOでダイエットする方法

ポケモンGOでダイエットする方法

海外での大ブームを引き起こした後

満を持して日本でリリースされた「ポケモンGO!」

トレーナー(ポケモントレーナーではない)の視点から、身体作りに活用する方法を提案していきたいと思います。

ポケモンGOの仕組み

ポケモンGOはスマホの位置情報を元に、現実にスマホを携帯して歩きまわると

地図上にいるポケモンと出会い、それを集めるゲームです。

なるほどよくできていて、ポケモンを集める為だけでなく

集める時に使うボールを補充するスポットに行く為にも歩かなくてはいけません。

ゲームの世界と現実世界がリンクしている感じですね。

 

ポケモンGOと有酸素運動

適当に街を歩く

適当に街を歩くというのも立派なダイエットです。

基礎代謝が1000キロカロリーとか1500キロカロリーとか出ると思いますが

これは寝てても消費するカロリーのことなので、摂取カロリーもこれ以下にはできません。

日々の歩いたり洗濯物を干したりとかの活動で、通常は1.5倍くらいの消費があります。

しかし、どんどん便利になっていく現代社会では、そもそもの活動量が減りがちです。

特に走ったり筋トレしたりというわけでなく、ただ街を歩いて買い物したり散歩したりというのも

大事なことです。

健康の為にも1日8000歩は歩きたいと言われていますし、ポケモンGOを片手に散策をしてみるだけでも

健康やダイエットにはいいと思います。

消費カロリーは60分で150キロカロリー程度消費します。

 

ウォーキング

 

のんびり歩くより、しっかり腕も振りながら消費カロリーを増やしていきましょう。

普通に歩くよりも距離も稼げて、ポケモンも見つかり易くなりますね。

早歩きなら60分240キロカロリーくらいの消費になります。

 

ジョギング

歩いてポケモンを探すゲームですが、走るともっと見つけやすく、消費も多くなります。

タマゴを育てるのに必要な歩行距離の計算のセンサー的には

時速10㎞以下でないとダメ(乗り物を計算しないようにでしょうか)のようなので、早すぎなければ大丈夫そうです。

成人男性が軽く息切れする程度の数字が時速10キロくらいです。

ポケモンGOは画面を見ていなくても振動でポケモンが居るかを教えてくれるので

片手に持って走ると、ポケモンを探しながらジョギングができるでしょう。

時速10キロ程度のジョギングは、60キロの方だと600キロカロリーの消費になります。

 

ポケモンGOをやるタイミング

どうせやるなら脂肪燃焼を効率的に行うタイミングがいいですよね。

 

起床後にポケモンGO

起床後は血糖値が下がっていて、脂肪の分解が活発に行われています。

そのタイミングで運動をすると体脂肪が燃焼されやすいので、ダイエットには効果的です。

筋肉も分解されやすいので、運動前にアミノ酸のBCAAを摂取するのがお勧めです。

 

筋トレ後にポケモンGO

筋トレをした後も、成長ホルモンの分泌が多くなっているので

体脂肪が燃焼されやすい状態になっています。

筋トレ自体も身体作りには非常に有効なので、是非組み合わせてみましょう。

 

コーヒーを飲んでからポケモンGO

コーヒーに含まれるカフェインにも脂肪分解を促進させる作用があります。

アデノシン受容体への結合や、ホスホジエステラーゼの阻害による

アドレナリンなどのカテコールアミン系が増えることが原因です。

どうせポケモンGOをやるなら、ブラックコーヒーを1杯飲んでからやりましょう。

 

体脂肪1キロの持つエネルギーは7200キロカロリーもあります。

地道に運動をするのが効果的ですが、運動は地味で続けるのが困難です。

こういった身体も使うゲームで、地味な運動も楽しめれば

健康になれるしダイエットもできるし話題にもついていけるし、1石3鳥ですね。


 

最後に、弊社ジムの宣伝をさせてください。弊社は渋谷、新宿、池袋、武蔵小杉の4か所でパーソナルトレーニングジムを運営しています。

コンセプトは明確で「一流の指導を通える価格で」というのを売りにしています。

人件費は他社の2倍から4倍かけています。余計なコストを削減しているので、決して広々とした空間やラグジュアリーな内装はありませんが、一流のトレーナーがあなたの目標達成をサポートします。
弊社はそういったコンセプトに共感して集まってくれている腕のいいトレーナーが長く勤めてくれています。

  • 体験レッスンあり
  • 無料カウンセリングあり
  • 返金保証あり
  • 年間5000件以上の実績
  • 2ヶ月‐10キロのダイエット
  • 男性の筋力アップ
  • 長期の健康維持目的
是非私たちにお任せ下さい!

この記事の著者

宮崎 隆一株式会社リーブル代表取締役 MIYAZAKI GYM代表

19歳からジムのアルバイトとしてトレーナー活動をスタートし、大学ボディビル部のコーチ、ジムのパーソナルトレーナーとしての経験を経て会社を設立。
科学的な根拠に基づいた指導をモットーとする。
年間1200件以上の現場での指導実績や、店舗全体での実績やデータを基により効果的で取り組みやすいプログラムを研究している。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る