【GVT】ジャーマンボリュームトレーニングで筋肉に更なる刺激を

ジャーマンボリュームトレーニング

パーソナルトレーニングジムMIYAZAKI GYMオーナーの宮崎隆一です。

トレーニングは常に同じ刺激だと発達しにくくなってしまい

角度を変えたり、重さを変えたり、様々な工夫を凝らして継続的な発達を狙います。

 

そのテクニックの一つがジャーマンボリュームトレーニング(以下GVT)です。

トレーニングを数年やってる人は結構知っているトレーニングではないでしょうか?

個人的にも時々取り入れるのにお勧めのトレーニング方法です。


 

ジャーマンボリュームトレーニングのやり方

重量:MAXの50~60%(20回出来るくらいの重さ)

回数:10回×10セット

インターバル:1分程度

GVTはMAXの50~60%くらいの重さを使って10回×10セット行うのが基本です。

目的としては同じモーターユニットを動員することです。

同じ重さと角度なので、常に同じ筋肉が使われるということです。

 

例えば、ベンチプレスとダンベルフライはどちらも胸の種目ですが、モーターユニットの動員され方は違います。

80キロのベンチプレス8回と60キロのベンチプレス20回も違います。

インクラインベンチプレスとベンチプレスも勿論違います。

 

筋肉の発達は、ストレスの適応が基本となっているので

様々な筋肉に、これまでよりも強い負荷をかけ続けるというのが原則です。


 

ジャーマンボリュームトレーニングの注意点

GVTは前述の通り、同一のモーターユニットを動員することが重要なので

途中で重さを減らしたり、角度を変えたりチーティングをしないように(ベンチで反動使うなど)気を付けましょう。

同じモーターユニットを動員するという点から考えると、10回できない時は途中で終わっても大丈夫です。

  • 重さを減らさない
  • 角度を変えない
  • チーティングを使わない

 

最後に、弊社ジムの宣伝をさせてください。弊社は渋谷、新宿、池袋、武蔵小杉の4か所でパーソナルトレーニングジムを運営しています。

コンセプトは明確で「一流の指導を通える価格で」というのを売りにしています。

人件費は他社の2倍から4倍かけています。余計なコストを削減しているので、決して広々とした空間やラグジュアリーな内装はありませんが、一流のトレーナーがあなたの目標達成をサポートします。
弊社はそういったコンセプトに共感して集まってくれている腕のいいトレーナーが長く勤めてくれています。

  • 体験レッスンあり
  • 無料カウンセリングあり
  • 返金保証あり
  • 年間5000件以上の実績
  • 2ヶ月‐10キロのダイエット
  • 男性の筋力アップ
  • 長期の健康維持目的
是非私たちにお任せ下さい!

この記事の著者

宮崎 隆一株式会社リーブル代表取締役 MIYAZAKI GYM代表

19歳からジムのアルバイトとしてトレーナー活動をスタートし、大学ボディビル部のコーチ、ジムのパーソナルトレーナーとしての経験を経て会社を設立。
科学的な根拠に基づいた指導をモットーとする。
年間1200件以上の現場での指導実績や、店舗全体での実績やデータを基により効果的で取り組みやすいプログラムを研究している。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る