時計遺伝子「BMAL1」を考慮したダイエット

l_244

MIYAZAKI GYM代表、パーソナルトレーナーの宮崎隆一です。

 

「夜遅くに食べると太るから控えましょう」

というのは誰もが一度は聞かされたことのあるダイエット指導ではないでしょうか?

 

これには理由があり、その一つは時計遺伝子と言われる「BMAL1」です。

 

BMAL1は脂肪を蓄えやすくする働きがあります。

その活動は日中は抑えられていて、夜間に増えていきます。

 

14時頃が一番少なく、21時頃から上がっていき、夜中の2時くらいにピークを迎えます。

そのため、夜に食べると太ると言われてきました。

 

特に吸収の早い炭水化物中心の食事は太りやすいですね。

BMAL1が活発な時間帯に栄養が流れ込んできます。

また、夜間はインスリンの感受性も低くなっているので、余計に体脂肪になりやすいでしょう。

 

夜遅くは食べないというのもありですが、どうしても空腹感が出てしまう時などは

サラダのような低カロリーのものか、プロテインやサラダチキンなどのたんぱく質がいいでしょう。

これらの食品なら、カロリーが低いのは勿論のこと、プロテインは少し吸収が早いですが、サラダチキンなどなら吸収も遅いため、実際に吸収されるのはBMAL1が減っている時間帯にもなります。

 

現代人の生活では、朝忙しくて食事を抜いてしまう人が多く、夜は付き合いで食べ過ぎてしまう傾向にあります。

お酒のアルコールも脂肪合成を促進するので、夜にお酒を飲んで沢山カロリーを取るというのは一番肥満に繋がります。

ましてや深夜に〆のラーメンでも食べようものなら、体脂肪を増やしてくださいと言っているようなものです。

 

ダイエットをするなら夕食は早めにして21時以降には食べない!という固い決意も必要です。

どうしてもお腹がすくならプロテインを飲むなど、工夫して取り組みましょう。

 

 

最後に弊社のジムの宣伝をさせてください。
良かったら一度ウェブサイトをご覧いただければと思います。


パーソナルトレーニングジムMIYAZAKI GYM プロトレーナーがあなたのボディメイクを成功に導きます

  • 初回無料・体験レッスンあり
  • 余計な広告や内装を削減しコスト削減
  • アルバイト0。少数精鋭のプロトレーナーのみ
  • 年間5000件以上の指導実績
  • 返金保障あり
渋谷・新宿・池袋・武蔵小杉の4か所でボディメイクを専門としたパーソナルトレーニングジムを運営しています。

決して豪華で広い施設ではありませんが、その分はしっかりと身体作りを実現できる設備とトレーナーに力を入れ

1人1人のお客様の目標達成に向けて指導しています。



  私達にお任せ下さい
  153.214.138.174 (1)

この記事の著者

宮崎 隆一株式会社リーブル代表取締役 MIYAZAKI GYM代表

19歳からジムのアルバイトとしてトレーナー活動をスタートし、大学ボディビル部のコーチ、ジムのパーソナルトレーナーとしての経験を経て会社を設立。
科学的な根拠に基づいた指導をモットーとする。
年間1200件以上の現場での指導実績や、店舗全体での実績やデータを基により効果的で取り組みやすいプログラムを研究している。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る