【書籍レビュー】医学常識はウソだらけ 三石巌

渋谷・新宿・池袋・武蔵小杉のパーソナルトレーニングジム「MIYAZAKI GYM」

代表、パーソナルトレーナーの宮崎隆一です。

 

「メガビタミン」で有名な三石巌先生の名著です。

ビタミンの必要量は個人差が大きく、ビタミンCなどは通常でも100倍程度の個人差がある

また、病気などの時にはその必要量も大きく変わる

使われ方の順番も人それぞれ違っているなど……

 

人体の仕組みを分子生物学的な見地から解き、実生活へのアドバイスに落とし込んでいます。

 

人体がどのようにして動いているかは科学的に解明されてきています。

摂った栄養は様々な活動に使われていて、不足した場合に病気になったりします。

 

例えば高血圧だと塩分を控えなさいと言われるものの、そもそも大事なのはカリウムの不足かもしれない

また、動脈の収縮と弛緩に必要なカルシウムとマグネシウムの比率も気を付ける必要があるかもと指摘しています。

 

それに加え、高血圧の場合処方される血圧降下剤として、利尿剤や神経のブロッカー、カルシウム拮抗剤の問題も指摘しています。

そもそも、栄養の摂取量を改善するだけで症状が改善するのであれば、それがいいとは思うのですが

どうしても症状を抑えるところに焦点があるようです。

 

また、三石先生は活性酸素。重視しています。

活性酸素は体内のたんぱく質などと結合してしまい、それらの働きを弱めてしまいます。

その活性酸素の除去の為に、ビタミンや抗酸化物質を推奨しています。

 

三石先生の理論は、病気の原因となる栄養上の問題を明らかにし、それによって解決を図ろうというものです。

薬は効果はあるものの、副作用もあり、抗がん剤のように副作用が強すぎてそれ自体が生死に関わるものもあります。

 

医学の否定ではなく、基本的な生活習慣を良くすることで

病気の予防などに努めよう、軽いうちに改善を図ろうという考え方だと思います。

 

それほどストイックに、栄養栄養というわけではなく

三石先生自身もジャンクフードなども食べていたようで

悪いものを食べても、しっかり肝臓などの解毒作用が働く状態にしていればいいとのことです。

 

悪いものを省いていくマイナスの栄養学ではなく

必要なものを十分に摂るようにするプラスの栄養学とのことです。

 

また、個別性も大事にしていて、人それぞれ必要なビタミンなどの量は違うのではないかとおっしゃられています。

カスケード理論など、納得の理論が書かれています。

 

少し古い本ですが、基本的な考え方はとても面白いと思います。

健康に関心のある方は是非読んでみてください。

 

 

宮崎

 

最後に弊社のジムの宣伝をさせてください。
良かったら一度ウェブサイトをご覧いただければと思います。


パーソナルトレーニングジムMIYAZAKI GYM プロトレーナーがあなたのボディメイクを成功に導きます

  • 初回無料・体験レッスンあり
  • 余計な広告や内装を削減しコスト削減
  • アルバイト0。少数精鋭のプロトレーナーのみ
  • 年間5000件以上の指導実績
  • 返金保障あり
渋谷・新宿・池袋・武蔵小杉の4か所でボディメイクを専門としたパーソナルトレーニングジムを運営しています。

決して豪華で広い施設ではありませんが、その分はしっかりと身体作りを実現できる設備とトレーナーに力を入れ

1人1人のお客様の目標達成に向けて指導しています。



  私達にお任せ下さい
  153.214.138.174 (1)

この記事の著者

宮崎 隆一株式会社リーブル代表取締役 MIYAZAKI GYM代表

19歳からジムのアルバイトとしてトレーナー活動をスタートし、大学ボディビル部のコーチ、ジムのパーソナルトレーナーとしての経験を経て会社を設立。
科学的な根拠に基づいた指導をモットーとする。
年間1200件以上の現場での指導実績や、店舗全体での実績やデータを基により効果的で取り組みやすいプログラムを研究している。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る